メニュー

【創業知識シリーズ】あなたは知ってる?会社の資本金ってなに?

2016年3月28日 【ブログ ,創業知識シリーズ

会社を設立するときに決める資本金。1円でも出資できるらしい・・・けどどうやって決めたらいいの?そもそも会社の資本金って何?と思っていらっしゃる方に今日は会社の資本金についてご説明したいと思います。

 

 

 

1.資本金とは会社の資金力を示す一つの指標

 

資本金とは、会社自身が持っている自己資金(運転資金)のことを言います。ですが、この資本金だけをみて会社の信用力を判断することはできません。あくまで一つの指針です。

 

 

 

2.出資金が1円の会社でもいいのでしょうか?

 

法律上、資本金を1円にして出資することもできますが、一般的にはおすすめしません。資本金の額は登記に表示され多くの第三者が見ることになる数字です。

 

 

 

また、資本金が1円の場合、取引や借入の際に、なぜ資本金が1円なのかということを先方に聞かれることもあるでしょう。

そのときの理由が「お金がないから」だったり、「とりあえず1円で設立した」と話したらとしたら先方はどう思われるでしょうか?

 

 

 

ただし、1円会社も節税目的のための会社設立など第三者と取引をしないことが想定される場合などは選択肢としてはありかもしれません。

 

 

 

3.具体的な資本金の決め方

 

一般的な起業を目指していらっしゃる方であれば、まずは自分が起業するためにいくら必要なのかということを把握して下さい。

 

例えば、開業資金に500万円、運転資金に300万円必要だと仮定した場合、合計で800万円の資金を調達する必要があります。

この場合で手元に800万円以上資金がある場合は、800万円を目安に資本金とすればよいでしょう。

つまり、設備費用と運転資金がどのくらいになるのかということが最初に資本金を決定する基準となります。

 

 

 

 

4.会社の資本金を決める際の注意点

 

業種によっては事業を行うに当たり行政機関の許認可を受けなければならない場合があります。

例えば、運送業をしたい場合は運送業の許可を、建設業を行いたい場合は建設業の許可などを取らなければなりません。

このときにあらかじめ資本金の額をある一定以上の額にした方がいい場合などがあります。

 

 

 

また、消費税の関係で資本金を1000万円未満にした方がいい場合もありますので注意が必要です。

 

 

 

5.まとめ

 

このように資本金を決めるときはまずは自分の設立しようとする会社がどのような目的の事業をするのか、設備費用や運転費用はいくらなのかなどを考える必要があります。

会社設立をする場合、資本金一つにしても色々な要素をを考えなければなりません。

 

 

 

 

 

 

会社設立に関するご相談はロウル司法書士事務所まで

contact_bn

 

ロウル司法書士事務所
〒810-0016
福岡市博多区博多駅南一丁目10番18-205号
TEL : 092-292-6285 / FAX : 092-510-7245
facebook
ページトップへ